純喫茶の内装写真

サイト紹介

純喫茶

関西にあるオススメの純喫茶をご紹介します!!
現代社会に求められるのは何でもスピードです。それゆえに昭和末期以降、全国に広がっていったファストフード店。
たしかに、ファストフードで食べるものも美味しいですが、そこに情緒は見出すことが難しいかもしれません。
そこで、近年再度若者を始め人々にその良さが認められ始めたのが純喫茶です。純喫茶の内装は大半が昭和バブル期の内装でゴージャスな造りです。また、空間を広々と取るバブル期の建築物の特徴ゆえに、ゆったりとした感覚を味わえ、長時間くつろぐことができます。そんな純喫茶の中でも、当サイトでは、純喫茶アメリカン、純喫茶スワン阿倍野店、マヅラ喫茶店、珈琲艇キャビンの4つの店舗をご紹介します。
場所はそれぞれ、なんば、阿倍野、梅田、堀江と大阪の中心部であり、気軽に足を運びやすい場所となっています。頑張れば、梅田から南のほうへと御堂筋線を使って一日で4つの店舗全部行くことも可能でしょう。恋人や友達とゆったりした時間を過ごす穴場スポットとして純喫茶をあなたのお出かけスポットのレパートリーに加えてみませんか?
旅行やデートへ行く前に!お昼から楽しめる人気の関西のバル情報をチェックしておきましょう。もちろん一人でも楽しめるお店の情報もありますよ。

純喫茶とは

純喫茶とは何か。皆さんご存知ですか?
「懐かしいなぁ、昔はよく行ったなぁ。」という方、「カフェとかならよく行くけど、なにそれ?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。
純喫茶とはいわゆる昔ながらの雰囲気をのこした、酒類を扱わない普通の喫茶店のことです。今のカフェとなんら内容は変わりませんが、内装が昭和の頃のままで古めかしく、入店するとウェイターさんがお水を持ってきてくれ、昔懐かしいメニューを注文します。
店頭にあるメニューディスプレイもこれまたレトロな雰囲気があり、フォークが宙に浮いているようにスパゲッティを巻き取っているナポリタンや、鮮やかな緑色が美しいクリームソーダなどが飾られてあります。
昭和の時代では若者たちを始めとする人々の社交の場であり、待ち合わせ場所でした。しかし、平成へと世が移り、ファストフード店が全国にチェーン展開されていきます。その価格の安さや文字通り手っ取り早く食事を取れることからファストフードは若者の休憩場所の主流となっていき、喫茶店の多くが衰退していきました。
しかし、平成の世となって約30年弱。ここにきて再度、若者や昔若者であった人々の間で喫茶店の情緒あるレトロな雰囲気が見直され始め、再度喫茶店ブームが起こり始めています。
回転率を重視したファストフード店では、ゆっくり落ち着いて相手と会話することが難しいでしょう。
反面、喫茶店は前述したとおり、昭和に造られたものが大半ですので、ファストフード店にはないバブリーな内装が施されていて、それでいてゆったりと長時間くつろげる不思議な雰囲気を持ち合わせているという魅力があります。
あなたも時間に追われる現代からタイムスリップしたような感覚を純喫茶で味わってみませんか?

純喫茶 アメリカン

純喫茶 アメリカン

江戸時代、1791年より京都の東山で創業し、現在も多くの名酒を製造している松本酒蔵。 大正12年には、伏見に酒蔵を移し、美しい水と各地方からとりよせた厳選のお米を使ったお酒は京都の地元民や居酒屋を中心に、日本全国で好まれています。 桃の滴は昭和58年に松本酒蔵からつくられたブランドで、富山県産の五百万石をつかった吟醸純米酒です。

Read more

純喫茶 スワン 阿倍野店

純喫茶 スワン 阿倍野店

純喫茶スワン阿倍野店は各線天王寺駅から数百メートル歩いた天王寺あべのHoopの近くにある昔懐かしい喫茶店です。 吹き抜けの3階立てで開放的な造りとなっており、昔なつかしい食品サンプルのディスプレイがずらりと店頭に並んでいます。 近年、禁煙や分煙が推進され、愛煙家が肩身の狭い思いをしている時代ですが、こちらのスワンは店内のほとんどの席で喫煙可能となっており、そういった点でも昭和の時代の雰囲気を

Read more

マヅラ喫茶店

マヅラ喫茶店

マヅラ喫茶店は大阪駅前第一ビルに位置する、なんとオーナーが90代の現役バリバリの方の喫茶店です。お店の入り口ではジョニーウォーカーもオブジェが客引きとしてお迎えしてくれます。 店内は昭和の映画に出てきそうな近未来宇宙空間となっており、広々とした空間となっています。そんな宇宙っぽいインテリア空間ですが、少し薄暗くノスタルジックでなぜか落ち着くのが魅力の喫茶店です。

Read more

珈琲艇 キャビン

珈琲艇 キャビン

珈琲艇キャビンは大阪の堀江にある船の中にいることをイメージして造られた少し非日常を味わえるアトラクションのような喫茶店です。入り口から地下に降りていくとそこに船の中のような空間が再現されているというわけです。船の中ではあるのですが、丸い窓が付いているのでリバープレイスの景色が見渡せ、日差しが入ってくるため閉鎖的空間という感じは感じさせない造りとなっています。

Read more

丸福珈琲店

丸福珈琲

現在、おしゃれな空間でコーヒーや軽食を楽しめるカフェと呼ばれるお店が増えてきましたが、昔ながらの空間で一息することのできる純喫茶というのは根強い人気があります。大阪には隠れた純喫茶がたくさんありますので、ぜひとも自分のお気に入りの店舗を見つけてみましょう。

Read more

平岡珈琲店

平岡珈琲店

平岡珈琲店は大阪本町にある純喫茶で、入り口にかけられた赤いのれんがなんともレトロな趣を感じさせます。 実はこの平岡珈琲店、大正から続く老舗喫茶店で、当時、まさに「これからカフェが流行るぞ」という時に、新しいもの好きのオーナーがコーヒーに目を付けてオープンしたそうです。

Read more